<< 息の吸い方・吐き方 トロンボーン編 | main | マウスピースの選び方 トロンボーン編 >>

シュラブルの重要性 トロンボーン編

0
    最近、管楽器を吹く上で「シュラブル」がかなり重要であることがわかった。
    これは貴重な発見である。

    シュラブル」とは簡単にいうと「口の中の形」といった感じだが、
    呼吸方法やアンブシュア等と同等に重要なのだ。
    この「シュラブル」を気にしなくてもある程度の演奏はできるが、
    一線上へ行くためには必要不可欠だろう。
    音色・タンギング・リップスラー等、全ての基礎的要素に関わってくる。

    しかし実際に演奏中の口の中を覗くことは不可能だ。
    それを改善するにはいろいろと苦労させられる。

    トロンボーンという楽器は日本で生まれたものではない。
    つまりは日本語で演奏する楽器ではないといえる。
    これはどういうことかというと、
    日本語で「ター」とか「ダー」とかいう音で演奏することはないということだ。

    やはり英語等の言葉で演奏するようにできているのではないか。
    もしくは英語等の発音が、楽器を吹く上で一番効率がいいのではないか。
    私はそう考えた。

    もしこれが当たっているとしたら、
    やはり「シュラブル」を変えなければならない。
    日本語では存在しない形をマスターする必要がある。

    ではどうすればいいのか。
    その答えは「Doodleタンギング」である。

    これを練習することによって、自動的に理想的な「シュラブル」ができあがる。
    この「Doodleタンギング」については、以前に何度か書いたが、
    改めてこの「Doodleタンギング」の重要性を強調したい。

    確かにダブルタンギングでも十分速いパッセージを吹くことができるが、
    Doodleタンギング」はそれだけではなく、
    この「シュラブル」にも関わってくるのだ。

    もともと英語圏の人は、この「Doodleタンギング」を意識しなくても、
    普段の言語から理想の「シュラブル」をマスターしているのだろうが、
    英語の話せない日本人は「Doodleタンギング」を練習することで、
    理想の「シュラブル」をマスターする必要があるのだろう。

    そういう意味でもとにかく毎日「DleDleDleDle・・・」と言い続けることが必要だ。
    全然楽しくもないが、これを続けるしかないだろう。

    と、河野は思った。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.27 Wednesday
      • -
      • 10:29
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      PR
      河野のスケジュール
      河野のスケジュールはこちらです。 是非ライブにお越しください。 http://jazztb.blogspot.com/
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM