<< またまたマウスピースの話 | main | 意味のあるロングトーン、意味の無いロングトーン >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.08.28 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    空間把握

    0
      JUGEMテーマ:音楽


      空間把握について。
      今回は自分が今から演奏する場所の、
      「響き方」を知ることです。

      日々様々なお店やホール、はたまたスタジオで演奏するわけですが、
      一つ一つの場所で「響き方」が違います。
      当たり前です。

      しかし、この「響き方」の違いを知らずに、
      いつも同じ演奏をするのは危険です。
      「これが自分のスタイルだから」
      そんな言い訳は通じないです。

      しっかりマイクやスピーカーがあり、
      凄腕PAさんがいる環境であれば問題ないかもしれませんが、
      JAZZの場合、なかなかそんな環境はないです。
      マイクが無い場合も多いです。

      響きすぎるお店、全然響かないお店、
      おおげさにこの二つを比較し、
      ここで全く同じ演奏をしたらどうなるか。
      イメージすればわかりますね。

      ここで言いたいのは音量の話ではありません。
      表現の仕方の違いです。
      自分の持つ様々な音色、タンギング、フレーズ等をどう使い分けるかということです。

      響きすぎるお店ではこんな音色で、こんな風に歌って。
      全然響かないお店ではあんな音色で、あんな風に歌って。

      これってかなり難しいですが、
      河野は結構意識しています。

      まず初めてのお店に行ったら必ずやるのが、
      色々な方向に色々な音を出して、
      どう響くかをチェックしています。
      つまり自分の音がお客さんにどう聞こえるかを少しでも知りたいからです。

      これは思い込みの部分もあるかもしれないので、
      必ずしも良いことだと人にはオススメしていませんが、
      自分は正しいと思ってやっています。

      さて、こうなると問題は、
      どれだけ沢山の種類の音色、タンギング、フレーズを持っていて、
      どれだけ自由自在に操れるか、ということです。
      これは大変です。
      一生の課題です。
      終わりは見えません。

      がんばります。

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.08.28 Sunday
        • -
        • 16:53
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        いつもためになる記事をありがとうございます。
        特に今回の記事はそこまで考えていない自分が恥ずかしくなりました。
        ( ̄◇ ̄;)

        私は自分が出して自分に聞こえている音と録音して聞く音(実際に出ている音)とのギャップが悩みです。
        何度も録音して「このパターンだとこのような音が出ている」と自分の中にデータを持つのがいいのかな?と思っているのですが、どう思われますか?
        >おーくぼ様
        コメントありがとうございます。
        録音はライブの都度、毎回必ず録っています。
        自分の音がどう聴こえているか知りたいからです。
        最終的には「お客さんにはこう聴こえているだろう」という予測でしかないのかもしれませんが、
        気にするのと気にしないのでは、
        やはり聴こえかたが変わると思われます。
        おっしゃる通り、頭の中にデータをたくさんためて、随時選択するというのはありだと思います。
        ただし、あくまで生の音楽ですので、
        計算や過去のデータとは一致しない感情の高ぶり等は、
        素直に表現するべきだとも考えています。
        数学や科学ではありませんので。
        難しいです。
        • 河野 広明
        • 2014/04/12 7:27 PM
        コメントする









        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        河野のスケジュール
        河野のスケジュールはこちらです。 是非ライブにお越しください。 http://jazztb.blogspot.com/
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM